HOME>口コミ>柔道整復師を目指して多くの人の手助けをしよう

柔道整復師を目指して多くの人の手助けをしよう

男女

人々の助けを生業とする国家資格の1つに柔道整復師があります。柔道整復師になると努力次第で開業も可能です。ここでは、柔道整復師を目指した人の意見をチェックできます。

みんなの口コミ

資料請求などをして情報を集めました

高校卒業後の進路を考えていた時、自分自身に資格を持つことで、自信が持てるようになるのではないかと思うようになりました。しかし、弁護士とか医者になるほどの教養もないことから、今まで在籍して来た柔道部の知識を活かせるような資格を探しました。そこで見つけたのが柔道整復師と言う職です。どんな仕事なのか、学校に問合わせ、資料を送ってもらったのです。柔道整復師の主な仕事は、骨や関節、じん帯などの損傷にかかわる治療を行うことが出来るとありました。働く場所も、病院からリハビリセンター、整骨院など様々な所で働くことが出来るとも知りました。しかし国家資格に合格する必要もあり、専門の学校でも3年間の勉強が必要となっています。資格を持つことで、定年を気にすることなく一生働くことが出来るとも知りました。更には、自分自身で独立することも努力次第で出来るとあり、長くなった人生を考えると将来の安定に繋がると考え、受験準備に入りました。
【10代 男性】

学校説明会に参加して決めました

女だてらですが、高校3年間柔道部で活躍して来ました。そのため体力だけは、人に負けない自信もあります。進路を決めるため先生と相談した結果、柔道整復師の説明会に出て見ることにしたのです。身体の弱った人を助けることにもなり、健康な体を取り戻すためのお手伝いも出来ることになります。その時、自分の持っている体力が活躍するのであれば、あと3年間勉強に励むことも良いと考えるようになりました。そしてもし結婚が出来なくても、資格があることで一人でも生きていけると信じることにしたのです。そして一番の決めてとなったことは、女性の希望者が意外と多くいたことです。男性社会とばかり考えていたのですが、女性も多く募集していることを知り、安心して整復師を目指すことにしました。
【10代 女性】