HOME>トピックス>国家資格の取得に強い学校を選んで柔道整復師を目指そう!

柔道整復師の役割

柔道整復師とは昔から「ほねつぎ」として知られている職業です。柔道整復師は医師のように外科的な手術をせずに、骨折・脱臼・打撲・ねん挫などを治療する役割を果たします。柔道整復師は国家資格であるため、国家試験を受験して合格しなければなりません。そのためには、養成課程のある大学・短大・専門学校で、所定の単位を修得する必要があります。

柔道整復師になって活躍できるフィールド

男性

接骨院や整形外科などで働ける

柔道整復師の就職先といえば、接骨院をイメージする人が多いでしょう。中には経験を積んで独立する人もいます。自分の接骨院を持つために頑張る人も多いです。また、整形外科などの医療機関に就職する柔道整復師も少なくありません。医師からの指示を受けて治療に携わるため、幅広い患者を対応することができます。

介護施設で活躍する人が増えている

今は高齢化社会を迎えているため、介護施設で活躍する柔道整復師も少なくありません。介護施設では高齢者に対して、筋力低下予防のためのリハビリ・マッサージ・歩行訓練などを担当します。今後も高齢者の数が増えることから、介護施設等で活躍する人は増えてくると考えられています。

スポーツトレーナとして活躍

柔道整復師は医療機関だけでなく、スポーツ施設等でトレーナとして働くことができます。個人で活動して、スポーツ選手と専属契約する柔道整復師もいます。また接骨院などで働きながら、接骨院とスポーツチームで契約を結んで働くこともできます。前者では特定の選手を専門的に診ることができ、後者は収入面で安定しています。

国家資格の取得に強い学校を選んで柔道整復師を目指そう!

勉強

柔道整復師を目指すなら合格実績の高い学校を選択

柔道整復師の国家試験を受験するためには、国が指定する養成機関(大学・短大・専門学校)に通う必要があります。学校を選ぶポイントとして、国家試験合格率が高いところを選ぶことが挙げられます。何故なら合格実績が高い学校であれば、国家試験対策のカリキュラムがしっかり確立されているからです。国家試験の合格率は例年70~80%程度であるため、学校できちんと勉強すれば合格できるレベルです。しかし国家試験の範囲は広いため、試験対策カリキュラムがしっかりしている学校の方が安心です。